あるへいどうの読み物
 
 
11 新しいビラを作った話
(2020/04/07)
 
いつもと同じ珈琲の香りを楽しみながら、私はビラを作っている。お店の移転時期が迫っているためだ。
 
絵を描くのが苦手だし上手に作れる自信はないが“こうした方が良くなりそう”とか考えながらの作業は楽しいので好きだ。苦手なことでも楽しめる性格で良かったと思う。
 
“どんな情報をお届けしよう?”
“文字は何色が合うだろう?”
 
お客さんの手に取る姿を思い浮かべながら作業を続ける。時間はかなりかかってしまったが納得のいくビラができた。よかった。
 
そうだ。そういえばお店の地図を作らないといけない。母と父に手書きで描いてもらえないかお願いしてみよう。
 
2つ返事でOKしてくれた両親が早速取りかかってくれる。信号はあった方が良いねとか、目印にこの建物描いておこうとか話しながら作業を進める。
 
良さそうな下書きが完成し、実際に持ってそれぞれが歩くことで、分かったことがある。“この地図では分からない”。実際に足を運んで良かった。
 
修正を加え完成した地図とビラ。現在印刷依頼中。手元に届くのが楽しみだ。早くいろんな方の手元にお届けしたい。
 
〜おわり〜
 
 
読み物の一覧はこちらです。